「天使になんてなれなかった」の歌詞 WANDS

1993/10/6 リリース
作詞
上杉昇
作曲
柴崎浩
文字サイズ
よみがな
hidden
バックに めいいっぱいの ゆめんだ
ちっぽけな イザコザで あつくなって
いえした とおなつのMEMORY
あのぼくこわいものしらずだった

勇気ゆうきさえあれば すべてを えることも たやすいとしんじてた

天使てんしにだってなれる」って ホコリまみれのまちかれ
天使てんしのような けがれない 微笑ほほえみさえも わすれていた
めぐる 時代じだいのなかで

いつしか きるために そのこころけずって
はぐくんだ ゆめさえも 窮屈きゅうくつになる
ヘタクソなギター かきならすそのたび
むねのたかなり おさえきれないけれど

メッキだらけのまちだから 失望しつぼうにこのすべてをそめられそう

天使てんしになんてなれなかった ボクのなかゆがんだこころ
天使てんしのように はばたいて はるか とおくきえてなくなれ
未来あすをうつした そらへ…

天使てんしにだってなれる」って ホコリまみれのまちかれ
天使てんしのような けがれない 微笑ほほえみさえも わすれていた

天使てんしになんてなれなかった ボクのなかゆがんだこころ
天使てんしのように はばたいて はるか とおくきえてなくなれ
未来あすをうつした そらへ…