「寂しさは秋の色」の歌詞 WANDS

1991/12/4 リリース
作詞
上杉昇
作曲
栗林誠一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
わりゆく
こころのような
そらいま
この街濡まちぬらして
くしたぬくもりと
きみ記憶きおくたぐりせて
さみしさはあきいろ
むねがきしむよ
きずつけあって
きるなら
あいじゃないから

うつりゆく季節きせつのような
きみだけがその胸焦むねこがして
こわれた雨傘あまがさじゃ
あめをしのぐ
ことも出来できない
さみしさはあきいろ
ときおぼれて
えんじきれない
ふたりなら
もどれないだろう
きみ言葉ことば
まちのざわめき
あどけないその笑顔えがお
季節終きせつおわりのあめなか
いろあせてゆく

さみしさはあきいろ
むねがきしむよ
きずつけあって
きるなら
あいじゃないから
さみしさはあきいろ
ときおぼれて
えんじきれない
ふたりなら
もどれないだろう