「偽善者の声」の歌詞 WEAVER

2013/1/16 リリース
作詞
河邉徹
作曲
杉本雄治
文字サイズ
よみがな
hidden
ホントはいいひとなんだ
綺麗事きれいごと
ちょっと苦手にがてなだけさ
うそつきだね」
なんだろこの感情かんじょう
にくしみさ」
自問自答繰じもんじとうくかえしてる
ぼくぼく

そむけて 言葉ことばだけ
「どんな未来みらいあいしてしまいたい」
性格せいかくなんてなおせやしないのに

もうだれかのしあわねがって
きている自分じぶん偽物にせもの
さらけせるこころもないぼく
からっぽだ

ねぇホントはあいつがきらいだ
でもきらいな自分じぶんきらいだ
ただしいこたえをさがしたって
くるしいよ

どんな自分じぶんでいたいの
あいされたい」
どんなゆめてるの
あいしていたい」
なんだかむねいたいよ
おなじだね」
自問自答繰じもんじとうくかえしても
ぼくぼく

きっと明日あしたは なんてねがって
やっとわらって つないでく未来みらい
「どうせ」だなんて
いたくないけど

ずっととおくからあるいてきた
でもあるいた理由りゆうらない
呼吸こきゅうつづくその意味いみさえも
からっぽだ

やさしさを言葉ことばにするたび
そのはねうしな天使てんしなら
居場所いばしょさがしてどこかとお
った

だれもがたがいを
偽善者ニセモノだって指差ゆびさってる
ぼくらの世界せかい
いのやすめないように
せかけでいい うたがわれるぞ
なにただしいんだっけ
なにもわからないけど

ねぇだれかのしあわねがって
きている自分じぶんはここにいて
さらけせるこころもないぼく
あいせるよ

偽物にせものあいでもべつにいい
そのひかりだれすくえたら
ただしいこたえなど
もうだれにもいらないんだ