「最終バス」の歌詞 WEAVER

2010/9/29 リリース
作詞
河邉徹
作曲
杉本雄治
文字サイズ
よみがな
hidden
きみれてく最終さいしゅうバスまで
まだすこ時間じかんがあるみたいだ
ターミナルのつめたいベンチ
切符きっぷにぎきみよこ
ぼく時計とけいにしてた

1日いちにちはしゃいでつかれてたみたい
同時どうじにあくびをしてわらった
これからきっとえる時間じかん
すくなくなってしまうのに
いつもとわらないよる空気くうき

はなしたいことはなせないままだ
最終さいしゅうバスがもうちょっとでやってくるのに
やわらかいかぜ 見上みあげた東京とうきょう星空ほしぞら
どこまでもずっとつづけばいいな

きみれてく最終さいしゅうバスが
さよならをわなきゃいけなくなって
いつものようにかないなんて
その意味いみもわかっていたよ
なにわらないぼくらでいよう

はなれていてもはなれないように
"ぬくもり交換こうかん"
つないでわらった
今度会こんどあったらちゃんとかえしてよとった
きみ最後さいごまでかなかったんだ

1人ひとりになったベンチのまえ
なみだ大洪水だいこうずい
きみ精一杯笑せいいっぱいわらっていた
ぼくもうまくわらえてたかな

はなしたいことのこしておこう
ぬくもりにぎりしめた ずっとえないように
つづ夜空よぞら 今度こんどやすみはぼくこう
最終さいしゅうバスできみまちまで