「白朝夢」の歌詞 WEAVER

2009/10/21 リリース
作詞
河邉徹
作曲
杉本雄治
文字サイズ
よみがな
hidden
あるあさ ぼくづいた その寝顔ねがお 呼吸こきゅうおと
いつもどおがた部屋へやいろ かみにおいなのに
きみだけがいない景色けしきかんだ

もうひとつぼくづいた 部屋へやのドア けるとき
きみぼく無理むりをして おはようってセリフのようなこと
「どうしたの?」だなんて 言葉ことばにすればさ
もうもどれない 2人ふたりになってしまいそう

はなしたね けるまでおたがいのこと
しあわせの意味いみかちった
めたり 上手じょうずつたえようとするほど
大切たいせつなことは そこになくて

たがいの未熟みじゅくさを かばいうこともできず
今日何きょうなにがあったとか きみはもうはなさなくなってゆく
そんなゆめだったって わらあさなら
どんなにさ しあわせだっておもうか

あいしてる 言葉ことばきみつたえたなら
すべもどるようながしてた
かえれば おもときはいつまでも
そのままの場所ばしょかえ

しのなか最初さいしょ誕生日たんじょうび
きみがくれたしろ時計とけい いまうごいているんだ

きみはきっとかなしみだったんだ かなしみの可能性かのうせいだったんだ
どんなにしあわせなよるえても めたあさこわくなって
だからさ 「どうしたのさ?」 いなくなるだなんてやだよ

はなしてよ ぼく出来できることはあるかな
きみしあわせにできるかな
たとえばいま あののままきざ時間じかん
ぼくはこのつかんで そして

こえるかな 言葉ことばにできなかったおもいを
きみ場所ばしょまでとどけたいんだ
あいしてるの 言葉ことばもどらなくたっていい
きっとつづいていくあさがあるから