「管制塔」の歌詞 WEAVER

2010/9/29 リリース
作詞
河邉徹
作曲
杉本雄治
文字サイズ
よみがな
hidden
常識的じょうしきてきなあなたは
ほし綺麗きれいだってった
ここじゃない場所ばしょなら
そのこたえもちがうだろうか

耐久性たいきゅうせいはどうだろう
そらぶには不安ふあんだな
おもくなるだけなら
荷物にもついてきゃいいんだ

出会であった記憶きおくはたくさんあるのに
結局僕けっきょくぼく一人ひとりだったんだ
なやまない方法求ほうほうもとめないこと
だけど期待きたいしてしまういつもぼく
だれかにあいされる場所ばしょさがしてた

管制塔かんせいとうから
キャッチしたこえとおくなって
返事へんじとどかない ここにいるのに
機体きたいをゆらした雷鳴らいめいとどろきのこうへ
だれもいないやみなか ぼくたちはそれでも
上手じょうずわらって自分じぶんしたんだ

最初さいしょからわかってたよ
そらぶにはもろかった
あたらしい場所ばしょなら
やりなおせるがしてた

きらいなものをてていって
いたらからっぽだったんだ
何度なんどかえ軌道きどう修正しゅうせい
ぼくだれかとちがぼくがいいよ
それでもだれかとおなぼくがいい

応答おうとうねが
いつだってこころつよがって
こえにならないこえたすけをんだ
気付きづいてしくて
いたってなにわらなくて
まれてきた世界せかい自分じぶんわないと
なげくことだけしかできなかったんだ

どうしてとどかないのに
ほしよるぼくらは期待きたいすんの
おなゆめって
おなかなしみかかえて
そんなことなら一人ひとりかないで
きしめえたのに

管制塔かんせいとうから
キャッチしたこえとおくなって
返事へんじとどかない ここにいるのに
着地点探ちゃくちてんさがして こんなにもつよねがったって
それでもまだ辿たどけない

だれもが孤独こどくで なすすべもなく空彷徨そらさまよって
特別とくべつじゃなくていい ここにいるから
こわくなんかないよ 臆病おくびょうなままできていこうよ
げたくなったときには ぼくたちはんだ
おなかなしみをえばいいんだ