「2次元銀河」の歌詞 WEAVER

2010/2/3 リリース
作詞
河邉徹
作曲
杉本雄治
文字サイズ
よみがな
hidden
恒久性こうきゅうせいあいれて
それを代償だいしょうとしてぼくうしなった
それはきみのほほえみ それはきみのぬくもり
そんなふうつくられた世界せかい

だれかにコントロールされたよう
ぼく画面上がめんじょう光点こうてんにすぎない
きみぼくほしなら まるで宇宙うちゅうみたいだ
だれ仕組しくんだろ たがいにはひかりえなくたって

とお銀河ぎんが何千光年なんぜんこうねん
このほしったぼくこえなんだ とどくだろう
こわくなったときいたっていいんだ
きみ強制終了きょうせいしゅうりょうのスイッチまえにためらった

恒久性こうきゅうせいあいめて
きみひかり何度なんどだってさがすだろう
だから大切たいせつにできるってったんだよ
ここは2次元にじげんだから 0ゼロ1いちかぞえた
ぼくいのちだってそうなんだ つくられたようなもんだろ

だれかのプログラム 全身全霊ぜんしんぜんれいこえ
あいしてるだとか うそついたっておもってた
とお銀河ぎんがんできたんだって
この世界せかいをかえたのはきみこえだった
わかるかなぁ

恒久性こうきゅうせいあいうたうんだ
それでこの世界せかいにもきっときらわれるな
それでもいいやぼく衝動しょうどう永遠えいえんうたいたいや
そいつはいのち ぼくだって偽物にせものじゃないよ

とお銀河ぎんが何千光年なんぜんこうねん
このほし
てろ今届いまとどかせる えないかなぁ
きみゆびにかけた強制終了きょうせいしゅうりょうのスイッチをまえ
とどくといいな このこえ