1. The sun and clouds歌詞

「The sun and clouds」の歌詞 WEAVER

2013/1/16 リリース
作詞
河邉徹
作曲
杉本雄治
文字サイズ
よみがな
hidden
たとえばそれは すれちがうアリのように
うえからていちゃ なんでもない出会であいで
そこにはなえてくれた
あの青空あおぞら
ぼくにとって宝物たからものになったよ

たとえばそれはすくされた金魚きんぎょ
せま水槽すいそうおな空気くうきいきした
どんなかたちにしてかえそう
つたえたいおもいは
言葉ことばにしたってこぼれていくよ

世界中せかいじゅういた はなをこのむねあつめたら
あなたにとどけたい気持きもちにすこしはりるかな
ったおもいまむねおく
つづられた絵日記えにっきのように
かさなっていく

つないだみち 見上みあげたそらいろ
すべてをおぼえていられないのはさびしい
まるくなった背中見せなかみてた
色褪いろあせたページは
めなくたって宝物たからもののままだよ

きている不思議ふしぎ
いつかわりがくる不思議ふしぎ
十数年じゅうすうねんたってもずっと
けないままだったけど
あるいてきたみち出会であったぬくもりに
言葉ことばにできないこたえを
ぼくはもらっていた

あめあさしず夕焼ゆうやけも
あたえられたら けとめよう
すくったおもゆびをこぼれちても
そこにのこはなびら
大切たいせつにしまってける

世界中せかいじゅういた はなをこのむねきしめて
あなたにはなしたい言葉ことばわりにとどけよう
記憶きおく場所ばしょであなたがけば
いまきることのたしかさにがつく
こころめこの場所ばしょから
はなおくろう
あいわたそう