1. ゆずれない Myself歌詞

「ゆずれない Myself」の歌詞 WILD STYLE

1996/11/1 リリース
作詞
有待雅彦
作曲
原一博
文字サイズ
よみがな
hidden
はししたらとりあえず なにかをつけられるなんて
そんなことあてにしてたら とっくにいてきぼり
数撃かずうちゃたる鉄砲玉てっぽうだまちまくってなんとかやってきた
もっとずるくなりなさいと われつづけてばかり

計算高けいさんだかいやつでも きっとうらではいてる
だれもみんなおなじさ

最後さいごひとつ ゆずれないもの
それをくさなければいい
ころがるいしをそう すほどのかぜになれ
最後さいごにいつか わらえるはずさ
うんてんにまかせればいい
まちがいじゃないさ しんじることからはじまるから

自分じぶんたなげすぎて もう場所ばしょもなくなったきみ
たまにはひといところ さがしてほめてごらん

自信過剰じしんかじょう自己嫌悪じこけんお 背中合せなかあわせできてる
だれもみんなもがいて

最高さいこうおもまもりたいもの
それをわすれなければいい
かわいたすなうえ たか雑草ざっそうになれ
最高さいこう場所ばしょつかるはずさ
うんをよぶのもきみしだい
そのあし一歩いっぽ すことからはじまるから

最後さいごひとつ ゆずれないもの
それをくさなければいい
ころがるいしをそう すほどのかぜになれ
最後さいごにいつか わらえるはずさ
うんてんにまかせればいい
まちがいじゃないさ しんじることからはじまるから