1. 誰よりも君だけに歌詞

「誰よりも君だけに」の歌詞 WILD STYLE

1996/7/8 リリース
作詞
有待雅彦
作曲
原一博
文字サイズ
よみがな
hidden
どんな宝石ほうせきより
あか薔薇ばらより
最高さいこうあいをあげる
せてくれそのこころ

階段かいだんでぶつかった
サングラスしの
みだしたのは
なぜかこっちのほう
いま時間じかんがないから」
きみかるくかわす
けたビールを
みほしたみたい
らしくもないけれど
そうあのときから
ずっとになっていたよ
いままで出会であった
だれより一番いちばん
どんな宝石ほうせきより
あか薔薇ばらより
最高さいこうあいをあげる
いてきしめたら
純情可憐じゅんじょうかれん
最高さいこうつみおかそう
いますぐせて
かせたいこの鼓動こどう
いまからむかえにく」
強引ごういんなドライブ
シャレたプレゼントに
キザなエスコート
そんなの問題もんだいじゃない
そうあいかた
ほしかずほどあること
おしえてあげるよ
とびきりのやつを
どんな宝石ほうせきより
あか薔薇ばらより
最高さいこうあいをあげる
いてきしめたら
変幻自在へんげんじざい
あまいくちづけをかわそう
なにもためらわずに
せてくれそのこころ

どんな宝石ほうせきより
あか薔薇ばらより
最高さいこうあいをあげる
いてきしめたら
純情可憐じゅんじょうかれん
最高さいこうつみおかそう
たとえだれきみ
うばうとしても
きみ似合にあうのはぼく
いてきしめたら
変幻自在へんげんじざい
あまいくちづけをかわそう
なにもためらわずに
せてくれそのこころ