「初めて海を見た時には」の歌詞 WaT

2006/8/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめてぼく出会であったもの
その時感ときかんじた記憶きおくはずっと
なくしちゃいけない宝物たからものかもしれない

何気なにげなく見上みあげる夜空よぞら
今年最初ことしさいしょ花火はなびゆらめいていた
ありふれたなつおもとか
きゅうこころせつなくなったりして

あのころぼくかんじていた
季節きせつはもっとあざやかだったかも
いまぼく日常にちじょうもれた
いくつもの大切たいせつ記憶きおくまそう

はじめてうみときには
世界せかいひろさにちのめされて
目眩めまいがしてたはず
きっとはじめてぼく出会であったもの
その時感ときかんじた記憶きおくはずっと
なくしちゃいけない宝物たからものかもしれない

ビルのあいだながれるかぜ
ほのかにかおかすかななつ気配けはい
夕闇ゆうやみひくかぶつき
どうしてこんなこころまでまどわすの

おおくのことまなんでけて
おなあやまかえさぬように
だけどそうしてうしなうものもある
いつまでも大切たいせつ記憶きおくなくさぬよう

はじめてこいをしたときには
ときめきせつなさつたわらぬおも
こころふるわせてた
きっとはじめてぼく出会であったもの
その時感ときかんじた記憶きおくはずっと
なくしちゃいけない宝物たからものかもしれない

はじめてうみときには
世界せかいひろさにちのめされて
目眩めまいがしてたはず
きっとはじめてぼく出会であったもの
その時感ときかんじた記憶きおくはずっと
なくしちゃいけない宝物たからものかもしれない