「下弦の月」の歌詞 WhiteFlame

2013/1/9 リリース
作詞
黒うさ
作曲
黒うさ
文字サイズ
よみがな
hidden
様々さまざま出来事できごとかかげたへと行方尋ゆくえたずねて
らぬ人々ひとびと喧騒けんそう中眠なかねむりにつけば

たがいの宿やどりしゆめうれかり
かけがえのない気持きもちをうつ玉鏡たまかがみ

おもせば幼心おさなごころ
かげりに下弦かげんつき

いかけてはしろくろ
狭間はざままようだけ

いとしさとはなにかをわたしいて貴方あなたこた
戸惑とまどいをかくさずに時雨心地しぐれここち季節きせつぎた

たがいの辿たどりてゆめはこかり
ながれてゆく星達ほしたちをここでているよ

かぞせばきりがないと
なにらないままでいい

わりのるのならば
せめてもの手向たむけを

かなしみはもりいつしか
このそらおおいつくしてく

かがやすべてのこえ
きてく意味いみさえも

おもせば幼心おさなごころ
かげりに下弦かげんつき

いかけてはもう一度いちどはなつよ

かぞせばきりがないと
なにらないままでいい

わりのるのならば
せめてもの手向たむけを