「十面相」の歌詞 YM,GUMI

2011/3/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
最初さいしょわたしはおとなしいむすめ こいやぶれて感情かんじょうざすの
あたらしい人格作じんかくつくわたしたちの感情かんじょうわる

3さんれたくない記憶きおく
4よんべつ人格じんかくとみなし
5他人事たにんごとのように
6ろく、そうやって自分じぶんまもった
7なな記憶きおく共有きょうゆうはされない
8はちたがいの存在そんざいらない
9きゅうときながながいま
10人じゅうにん人格じんかく此処ここ

わたしなか住人じゅうにんおなおとここいをした
みなみんなむくわれぬまま
おとここたえは「きみなか一人ひとりだけをあいしましょう」
心臓しんぞう高鳴たかなわたしたちのはやまる鼓動こどうさえつけて

きみがまるで別人べつじんのようになって ぼくもとおとずれる
そのたびにむねけられると同時どうじかれていった
でもね、きみにはわねばならない
ほかきみにももうつたえたが
ぼく一人ひとりひとしかあいせない 人格じんかくひとつしかえらべない

わたし多重人格たじゅうじんかく? 微笑ほほえんでいるのは何故なぜ?

わたしなか十人じゅうにんはみなみんなもういていた
自分じぶんまれた理由りゆうとはなに
ひとつのあいにすること役目やくめなら
もうわってしまったね さあ最後さいごにみんなでわらいましょ

さよなら おかえり

わたしもと一人ひとり