1. 歓びの種歌詞

「歓びの種」の歌詞 YUKI

2005/9/7 リリース
作詞
YUKI
作曲
蔦谷好位置
文字サイズ
よみがな
hidden
さかさまにてた つめたいそら いてあかくなる まち見下みおろした
かぜながされて からだゆだね わらいとばす 意外いがいにタフ
たびつづくんだ
あお首飾くびかざりを ほら あげるよ
毒入どくいりのりんごを べてしまえば ステージのうえから ちちゃうわ
むすびなおしてね
見逃みのがしてしまう よろこびのたねあたたかい大地だいちそだてましょう
ながされてしまう 力尽ちからつきてしまう
おおきななにかに うごかされている
あこがれのゆめ魔法まほううたわたしは いつでも ていられるから
あのひとさそって どこへこう 未来みらい明日あすわた手紙てがみをかくよ
間違まちがいだらけと わかっていても 2人ふたりすすんでいく
つまりそれは おそれずに しあわせになる 切符きっぷにしている
だまりのにおい 雨上あめあがりのそら
あたえられたのなら けとめよう
しかられてみよう あいされてみよう
こころそこから しんじてみよう
すこれて わらきみえるよ
のぼしずえて 茜色あかねいろ
いのち音色ねいろみみまして
みのらせてみよう このよろこびのたね
あいという みずそそぎましょう
だまりのにおい 雨上あめあがりのそら
あたえられたのなら けとめよう
見逃みのがしてしまう よろこびのたね
あたたかい大地だいちそだてましょう