「Kira Kira」の歌詞 YVE

2008/12/3 リリース
作詞
葉山拓亮
作曲
葉山拓亮
文字サイズ
よみがな
hidden
主張違しゅちょうちがい いつも最後さいごかえせず
くやしくて こぼれそうになるなみだをこらえる

あめおとパラパラ やさしいこえひび
「またおう」って たりまえ
そのセリフがうれしい

どれだけくちゲンカをしても
その次会つぎあときはいつもどおりで
二人ふたり ふかけてく

こんなにたくさんあいして
ぼくこころは もうキラキラ
ほかのことなんて全部ぜんぶ どうでもよくなる

世界せかい一番いちばんしあわせ
なんて夢心地ゆめごこちでフワフワ
きみごした時間じかん
ガラスのような 真夏まなつよるのマボロシ

あめおとパラパラ やさしいウソがひび
「またおう」って そんな
もう二度にどとはないんだよ

期限付きげんつきのストーリーなら
せめて最後さいご笑顔えがおめさせて
二人ふたり とおとおくへ

こんなにたくさんあいした
きみとのおもがキラキラ
ほかのことなんて全部ぜんぶ かすんでしまうよ

1ひとつのかさ 窮屈きゅうくつそうに
肩寄かたよあるいてくひとひと
そのれからしたぼく
雨上あめあがりをちわびる

どこで間違まちがえたのかなって
そんなことはもう どうでもいいのに
きみにおこえ ゆび かみ
そのぬくもり えない

こんなにたくさんあいした
きみとのおもがキラキラ
ほかのことなんて全部ぜんぶ かすんでしまうよ

今夜こんやだけはこころのまま
つきでも見上みあげながらきます
まだまだあおわたしを ねえゆるしてください

それでもあのつきよりも
いた笑顔えがおがキラキラ
こまったことにしばらくは
ゆめにもてきそうな予感よかんです