1. 足のつく海歌詞

「足のつく海」の歌詞 Yuuki Ozaki(from Galileo Galilei)

2014/8/27 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
Galileo Galilei
文字サイズ
よみがな
hidden
まち喧噪けんそうさがしているこえをきいた いまそこへいくから
ひんのかけらもない ひか看板かんばんそらおお電柱でんちゅうもり
きみらしている

みちゆく戦車せんしゃ おもちゃの兵隊へいたい うなる番犬ばんけんがそこらじゅうにいるよ
ヘリの爆音ばくおんみみなかを ひっぱたいて どこかへえてった
そろそろみたいだよ

火薬かやくにおいのちにお
海岸かいがんはもうひとで いっぱいになっていた
うみわたって こうぎしへ いけるかも
きみをとった

死人しにんみたいないろ水面すいめんをかいてすす
もう二人ふたり体温たいおんさえつたわらなくて こわ
そらおおったくも夕日ゆうひめていくけど
もうどろった綿わたにしかみえなくって
"綺麗きれいなもの"なんか ぼくらのまわりには
なにひとつない

風邪かぜをひいてねつがでてる そこのしますこやすんでいこう
浜辺はまべ岩場いわばきみをねかせ ぼくはひとりふらふらとあるいた

よるやみがくる

いにしえのひとたちが そらえがいた 物語ものがたりを すこしだけど
ぼくんできかせてやった きみはもうねむっているのに

おおきすぎる宇宙うちゅうまれそうになった
ここにはみみをつんざくおともなくて ねむ
かえるところをうしなった これからいく場所ばしょらない
ただただ 恐怖きょうふ不安ふあんうみがつづくだけだった

もしこのままきみ目覚めざめなかったらどうしよう?