「Trigger」の歌詞 Yuuki Ozaki(from Galileo Galilei)

2014/8/27 リリース
作詞
尾崎雄貴
作曲
菅野よう子
文字サイズ
よみがな
hidden
世界せかいからはじされて 途方とほうもなくほそはりうえにいた
バランスをとるゆびさききみれてひとりじゃないとわかった
ぼくらに ただひとあたえられてた ゆがんだはね

まれてから(ぬまで) ぬまでになにをしたい?って
きみはまるで天使てんしみたいにさ わらうから
なつねつに(ゆがんで) えるビルのれの隙間すきま
ぼくらはちてく 最後さいごがねいてやろう

そのあとふゆゆきがすべてをおお

むくわれないかもしれない うしなえばられるともおもわない
それでも最果さいはての場所ばしょぼくらにもひとしく存在そんざいしてる
ここに居続いつづけることはできない だからせめて

まれてから(ぬまで) ぬまでなに出来できる?って
ぼくいまなにこたえずにわらうだけ
ゆめわり(最後さいごに) のついたちょうのように
ひとときだけかがや世界せかいくもったうば
全部ぜんぶうばおう

まれてから(ぬまで) ぬまできみきてみたいよ
それは まるで神話しんわみたいにはえがかれない
なつなつを(つないで) 歴史れきし螺旋らせん隙間すきま
地獄じごくちてく 最後さいごがねをひいてやろう
それでぼくらもちりになる

そのあとふゆがきて ゆきがすべてをおお
それからもふゆがきて ゆきがすべてをかた