「もう探さない」の歌詞 ZARD

1991/11/6 リリース
作詞
坂井泉水
作曲
織田哲郎
文字サイズ
よみがな
hidden
灰色はいいろ都会とかいおろすこの部屋へや
無口むくちなノイズのこして
だれもいない…
電話でんわることさえ わすれてる
自由じゆうになれたいたみね

あのなつ
子供こどものようにはしゃぐあなたがまぶしかった
とお記憶きおく

かたをよせてある二人ふたりのコントラスト
うように つづいてたーもうさがさないー
あつきることも ああすこ臆病おくびょうになる
はだかのままで いまあいせないから

ときてばいつもりかえは得意とくいなのに
わらっていてもくるしい…
年上としうえおんならしているといた
もう二度にど電話でんわできない

すことおつめるひとみ
きっとあのひとうつしていた
かなしいけど

だれのせいでもない 運命うんめい悪戯いたずらだから
もどせない微笑ほほえみみーもうさがさないー
あつきることも ああ すこ臆病おくびょうになる
あのころのように いまかえれないから

かたをよせてある二人ふたりのコントラスト
うように つづいてたーもうさがさないー
あつきることも ああすこ臆病おくびょうになる
はだかのままで いまあいせないから