「夏を待つセイル(帆)のように」の歌詞 名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー) ED ZARD

2005/4/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ほら 今日きょうかぜはし
ひかりなみを つき
そのグッとばしたら
そらとどがした

自分じぶんらないきみ
一瞬怖いっしゅんこわくなる
こんなにも きみきで
言葉ことばが もどかしい

なつつ セイルのように
きみのことを ずーっと
ずっと ずっとおもっているよ
太陽たいよう彼方かなた いっぱい
失敗しっぱいばかりしたけど
反発はんぱつしあったり でもいま
ひとつに かっているよ
そこには ゆめがあるから

「ゴメンネ」の言葉ことばばかり
うのはイヤだから
きみには「ありがとう」の言葉ことば
もっと もっとたくさん いいたいよ

わかりあえてた きみとも
いつか温度差おんどさがあったね
それでも くるしいのは
一時いっときだけだもんね

なつつ セイルのように
きみのことを ずーっと…ずっと
ずっときしめていたい
ただ 自分じぶん気持きもちに
真正直まっしょうじきでいたいけど
それでひときずつけることもあるね
ひとつにかっているよ
そこにはきみがいるから

なつつ セイルのように
きみのことを ずーっと…
ずっとずっとおもっているよ
太陽たいよう彼方かなた いっぱい
失敗しっぱいばかりしたけど
反発はんぱつしあったり でもいま
ひとつに かっているよ
そこには ゆめがあるから

なつつ セイルのように
きみのことを ずーっと
ずっと ずっときしめていたい

ただ 自分じぶん気持きもちに
真正直まっしょうじきでいたいけど
それでひときずつけることもあるね
ひとつにかっているよ

そこにはきみがいるから