「ROSE」の歌詞 ZEPPET STORE

1999/10/8 リリース
作詞
Seizi Kimura
作曲
Seizi Kimura
文字サイズ
よみがな
hidden
こいをすると やさしくなれる
こんな言葉ことば いまいたくて
かなしみがまた どしゃりのように
自分じぶんれとなぐりかかるよ

出会であったころ
シーツにくるまって ただときぎた
ずるくなれれば それだけでよかった
そんながしてた

いつまでも 自分じぶんよわ
かくこいなんてしたくはないから
何度なんどでもなみだながそう
ときにはよろこときにはかなしく
…きっとそうだよ

きになって キスをわして
またこころのドアをひらいて
あふれるおもつたえながらも
不機嫌ふきげん邪魔じゃまして手招てまね

言葉ことばにはもう げたくはないから
ただきみてた
現実げんじつる きれいなものが
いまかえ

こいをして しあわせすぎて
きずつけこと えられても
かたちにはならない永遠えいえん
不安定ふあんていなもの 二人ふたりつける
…きっとそうだろ?

自分じぶん何処どこにいるのかさえいま
からないけれど
大事だいじなものは あたらしいつよさと
きみだけとった

きつけるつめたいあめ
二人ふたりのこのあい ばされぬように
まもりたい つよちから
不器用ぶきようぼくきしめてあげる
そしてこのあいとおくへ
つづいてく