「刹那の住人」の歌詞 ZIGGY

1997/3/26 リリース
作詞
森重樹一
作曲
森重樹一
文字サイズ
よみがな
hidden
おどらされよう いいになろう かげぐちたたかれたっていいじゃない
まじになるなよ おいおい 暑苦あつくるしいぜなに
王様おうさまはだかだなんてったら たちまち仲間外なかまはずれになるんだ
このさい しろいものも くろだってっておこう

あさ不快ふかい入口いりぐち従順じゅうじゅん機械きかいになりすまし
気絶きぜつするほどなが想像力そうぞうりょくうばってゆく
一分刻いちぶきざみの今日きょう愚痴ぐちりながらんでいく
戦士せんし唯一ゆいいつ武器ぶきはただえることなのか

安逸あんいつあまんじず 分別顔ぶんべつがおわら刹那せつなくせ

よる愉快ゆかい価値観かちかん何一なにひとつも疑問ぎもんたない
兵士へいし唯一ゆいいつ不義ふぎ周到しゅうとう悪意あくい不在ふざい

げてきた過去かこ未来みらいぼうって 刹那せつながせ

はぐらかされても そのになろう
みっともなくても仕方しかたないじゃない
にはむなよ おいおい 目付めつきがやばいなに
アリとキリギリスのはなしなんて たとえがあくぎるんじゃないかな
このさい らぬ ぞんぜぬ ざる かざる わざる

伝統でんとうにすがらずに 権威けんい小馬鹿こばかにして
歴史れきしみにじる 刹那せつな住人じゅうにん