1. 暗流歌詞

「暗流」の歌詞 ZIGGY

1996/3/25 リリース
作詞
森重樹一
作曲
戸城憲夫
文字サイズ
よみがな
hidden
からびて ひびれた河底かわぞこ
じた 老婆ろうば一人ひとりきり
微動びどうだにしないのさ んだように
運命うんめいみこんだ ちいさな身体からだ

水辺みずべいているはなたち
そのはなでている男達おとこたち
ぼんやりとのこっている その面影おもかげ
るあてのないだれかを ちながら
かなら栄華えいがきわみをむかえる
そしてただ ちる季節きせつ
をこまねききょく
川面かわもつくろうだろう
昔日せきじつひかりうつすように

白日はくじつさらされた過去かこまち
うたえない 小鳥ことり一羽いちわだけ
ばたきもしないのさ
かごのなか 気紛きまぐれにあそばれた
ちいさな身体からだ わらず蛍火ほたるび
終末しゅうまつつたえる そしてもう
もどらない季節きせつ
舌打したうちしてをこまねき
沢辺さわべにうずくまるだろう
昔日せきじつひかりけるように

され うばわれた河底かわぞこ
かげのない 老婆ろうば一人ひとりきり
こっそりとわらうのさ こえさず
運命うんめいみこんだ ちいさな身体からだ
かなら栄華えいがきわみをむかえる
そしてただ ちる季節きせつ
をこまねきごく
川面かわもつくろうだろう
昔日せきじつひかりうつすように

わらず蛍火ほたるび終末しゅうまつつたえる
そしてもう もどらない季節きせつ
舌打したうちしてをこまねき
沢辺さわべにうずくまるだろう
昔日せきじつひかりけるように