「誓い~放浪者の丘の静けき夜」の歌詞 ZIGGY

2002/12/18 リリース
作詞
森重樹一
作曲
森重樹一
文字サイズ
よみがな
hidden
きみこえきたくても
記憶きおくからは消去しょうきょされたまま
きみ笑顔えがおたくても
記憶きおくすで消去しょうきょずみ
封印ふういんされ

ゆるせないものをれる
かなしい笑顔えがおばかりがにつくよ
あのときながれてたメロディが
ボクにとってはわらないのさ
反省はんせいされ聖歌せいかとなる

見果みはてぬゆめはなもと
つきしたかせよう
少年しょうねんだったちかいにこだわつづける

孤独こどくあいせるいさぎよさを
詩人しじんさけびに垣間見かいまみとき
矛盾むじゅんだらけのこのまちらす
ぼくはアゲハちょうはねしいよ
エロスだけを解放かいほうしよう

かなわぬおもいでもかまわない
みち途中とちゅうたおれても
少年しょうねんだったちかいをとなつづける

かみなみだる12がつそら
紫色むらさきいろのカーテンみたい
ぼくはVenusの寵愛ちょうあいける
放浪者ほうろうしゃおかしずけきよる

見果みはてぬゆめはなもと
つきしたかせよう
かなわぬおもいでもかまわない
みち途中とちゅうたおれても
少年しょうねんだったちかいをとなつづける
おかうえ彼方かなたやる