「Silent eveを待ちながら」の歌詞 ZIGGY

1996/12/2 リリース
作詞
森重樹一
作曲
森重樹一
文字サイズ
よみがな
hidden
余韻よいんのこみちながれてく
くるま足立あしだってる
ねむりのようにおとずれるのは
すこしだけやわらいだ
さびしさなのかも
いそぎたのは
ぼくあやまちだ
銀色ぎんいろあめ
かげりゆくまち
Ah, やりれなさに
むねまる
ぼく一人何ひとりなに
やりのこしたようさ
Silent eveを
ちながら

ねむりにちたつかでさえ
僕等ぼくら自意識じいしき
勝手かっておどってる
かえすことに
苛立いらだってたから
銀色ぎんいろ雨音あまおと
わってくころ
Ah, ヒロインたち
家路いえじいそ
僕等二人答ぼくらふたりこたえを
さがしてるようさ
Silent eveを ちながら
(ちながら)

つかったあし
ただやすませてくれ
いだよるしずけさに
銀色ぎんいろあめ
かげりゆくまち
Ah, やりれなさに
むねまる
ぼく一人何ひとりなに
やりのこしたようさ
Silent eveを
びながら
僕等二人答ぼくらふたりこたえを
さがしてるようさ
Silent eveを ちながら
La la la…