「風待ちハローワールド」の歌詞 add9(ヘリP),初音ミク

2009/6/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
日常にちじょうもれた
コンビニがえりの路上ろじょう
かぜひとつかない
退屈たいくつにもれっこだ

たね仕掛しかけもない
純粋じゅんすいなよろこびは
ポケットのなか
いつのまにかわすれてた

六畳一間ろくじょうひとまちいさなまど
ぼくのすべてだ
らしたままでは
何処どこにも たどりけないのに

にふれて気付きづいた
チョコレート、 苦手にがてなのにな
あぁ、そうか あれきりだ
あのこえ きたいな

いつからだろう
こんなところでまちぼうけ
ポシェットのチョコを
また、一粒ひとつぶくれないか

緊張きんちょうしてるこえのままで
ささやいたハロー
ここはなにもないけど
そのぶんだれかをまもればいい

ちわびたかぜ
とお何処どこまでもひび
れていく先行さきゆ雲行くもゆ
いまは、いまならえるよ ドアが

六畳一間ろくじょうひとまちいさなまど
ぼくのすべてさ
カーテンれて えられてく
このちいさな世界せかい

やさしいこえかぜって
ささやいたハロー
いにいくよ ドアのこうがわ
このいとしい世界せかい

ハローワールド、ハロー