「カブトムシ」の歌詞 aiko

1999/11/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なやんでるからだあつくて 指先ゆびさきこごえる程冷ほどつめたい
"どうした はやくってしまえ"そうわれてもあたしはよわ
あなたがんでしまって あたしもどんどん年老としおいて
想像そうぞうつかないくらいよ そう いまなにより大切たいせつ

スピードとしたメリーゴーランド 白馬はくばのたてがみがれる

すこたかいあなたのみみせたおでこ
あまにおいにさそわれたあたしはかぶとむし
ながぼしながれる くるしうれしむねいた
生涯忘しょうがいわすれることはないでしょう
生涯忘しょうがいわすれることはないでしょう

鼻先はなさきをくすぐるはる リンとつのはそらあおなつ
そでかぜぎるは秋中あきなか そう けば真横まよことおふゆ
つよかなしいこと全部ぜんぶ こころのこってしまうとしたら
それもあなたとごしたしるし そう しあわせにおもえるだろう

いきめてつめるさきにはながいまつげがれてる

すこしくせのあるあなたのこえ みみかたむ
ふかやすらぎいしれるあたしはかぶとむし
琥珀こはく弓張月ゆみはりづき 息切いきぎれすらおぼえる鼓動こどう
生涯忘しょうがいわすれることはないでしょう
生涯忘しょうがいわすれることはないでしょう