1. 帽子と水着と水平線歌詞

「帽子と水着と水平線」の歌詞 aiko

2003/4/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
それは偶然ぐうぜんで あの日雨ひあめったから
きみった あの日雨ひあめったから

あお水平線すいへいせんれたそらとしていったもの
あざやかな夕日ゆうひ

もうはじまっていた あっけなくきになっていた
あか帽子ぼうしのツバががって 隙間すきまからのぞ
おおきなひとみよるたとしても
かぜいてもあたしはなせない

みみなかにはほしすなわすもの
足首あしくびには約束やくそくくろいひも

はやくこっちにおいで はなれちゃだめさ
あぶないよけて このはなすな

もうはじまっていたあっけなくきになっていた
あか帽子ぼうしかぜはじいて くるり宙返ちゅうがえ
目指めざそらした 色違いろちがいの指先ゆびさき
全部君ぜんぶきみにあげるよ さぁじて

背中せなか水着みずぎあと もう一度焼いちどやなおそうか
ちいさな屋根やねしたったままいようか

もうはじまっていた あっけなくきになっていた
あか帽子ぼうしのツバががって 隙間すきまからのぞ
おおきなひとみよるたとしても
かぜいてもあたしはなせない