「恋堕ちる時」の歌詞 aiko

1999/4/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
恋堕こいおちるとき いつかいつか なみだ 四角しかくいあぶくになる
かなしみぬけがらひろあつめて やっと一番優いちばんやさしくなる

こころのプライド一途いちずなあたし 今日きょう悲劇ひげきにかられて
うみよりもふかいたでしょ おぼれてゆくかいになって
みずなかふか所歩ところあるいてえなくても
ながれるすなおよさかなとどけてくれるでしょう

みぎみみからひだりみみたぶまでずっとなでてほしくて
偉大いだいだれかのあい言葉ことばくつがえします

恋堕こいおちるとき いつかいつか なみだ 四角しかくいあぶくになる
怪獣かいじゅうぬけがらひろあつめて すこわらえました

頬杖ほおづえついてかんがえてみた どうすればいいのかを
溜息ためいきんでかがみみた 大切たいせつ事伝ことつたえなくちゃ
つめられるまえにあたしがつめる ねぇ気付きづいてほしくて
ちかづいてれてあなたのうぶくちづけてみたい

たとえばそのうでそののひらをおおきくひろげてくれたなら
あたしのきないはなしをずっといてくれればなぁ

恋堕こいおちるとき いつかいつか なみだ 四角しかくいあぶくになる
かなしみぬけがらひろあつめて やっと一番優いちばんやさしくなる

たとえばそのむね みみのうしろのにおいがのどをとおったなら
あたしはあなたなしではきてゆけないからだになるだろう