1. 桜の時歌詞

「桜の時」の歌詞 aiko

2000/2/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いままであたしがしてきたこと間違まちがいじゃないとはいきれない
ケドあなたとえたことですべむくわれたがするよ
ってくるあめ迷惑めいわくで しかめっつらしたあたしに
雨上あめあがりのにじおしえてくれた ありがとう

はるるとこの川辺かわべさくらがめいっぱいみだれるんだ」
あなたはう あたしはうなずく

右手みぎてをつないで やさしくつないでまっすぐまえ
どんな困難こんなんだってたいしたことナイってえるように
ゆっくりゆっくり 時間じかんえてまたちが
しあわせなキスをするのがあなたであるように

いままであたしがおぼえてきた てのひら言葉ことばじゃりないほど
つたえきれないいとしさに がゆくてむなしくてくるしいよ
まぶたのうえにきれいなあお うすくちびるべにをひく
いろづいたあたしを無意味むいみものにしないで

あこがれだったその背中今せなかいまかたならべてあるいている
もうすこしだけしんじる力下ちからください

まぐれにじらした 薬指くすりゆびれたその
あたしのこころすべてをうごかしつかんではなさないもの
かぎりない日々ひびめぐめぐ季節きせつなか
いつも微笑ほほえんでいられる二人ふたりであるように

はるわりなつおとずさくらはなびらがてても
今日きょうとかわらずあたしをあいして

右手みぎてをつないでやさしくつないでまっすぐまえ
どんな困難こんなんだってたいしたことナイってえるように
ゆっくりゆっくり時間じかんえてまたちが
しあわせなキスをするのがあなたであるように