1. 花火歌詞

「花火」の歌詞 まっすぐにいこう。 ED aiko

1999/8/4 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ねむりにつくかつかないか シーツのなか瞬間しゅんかんはいつも
あなたのこと かんがえてて
ゆめゆめめればひどくかなしいものです
花火はなび今日きょうもあがらない
むねなか何度なんどちかってきた言葉ことばがうわっとんでく
"1mmいちミリだってわすれない"と
もやがかかったかげのあるかたちないものにすべ
あずけることは出来できない

三角さんかくをしたはねある天使てんしこいのしらせをいて
右腕みぎうでまってくばせをして
"つかれてるんならやめれば?"

なつ星座せいざにぶらさがってうえから花火はなび見下みおろして
こんなにきなんです しかたないんです
なつ星座せいざにぶらさがってうえから花火はなび見下みおろして
なみだとしてした

そろったつまさきくずれた砂山すなやま かじったリンゴのあと
のこるものはおものかけら
すこしつめたいかぜあしもとをとおころ
わらごえたくさんあげたい

三角さんかくみみしたはねある天使てんしこいのため息聞いききいて
まるくしたあたしをゆびさし
"一度いちど二度にどころんでみれば"

なつ星座せいざにぶらさがってうえから花火はなび見下みおろして
たしかにきなんです もどれないんです
なつ星座せいざにぶらさがってうえから花火はなび見下みおろして
最後さいごのこをふった

あかみどりきくはなびら ゆびさしておもこと
ただひとつだけ そうひとつだけど
"つかれてるんならやめれば…"
花火はなびえない なみだれない

なつ星座せいざにぶらさがってうえから花火はなび見下みおろして
こんなにきなんです しかたないんです
なつ星座せいざにぶらさがってうえから花火はなび見下みおろして
なみだとして

なつ星座せいざにぶらさがってうえから花火はなび見下みおろして
たしかにきなんです もどれないんです
なつ星座せいざにぶらさがってうえから花火はなび見下みおろして
最後さいごのこをふった

なつ星座せいざにぶらさがって

Byeバイ Byeバイ Byeバイ

Byeバイ Byeバイ Byeバイ