1. 蝶の羽飾り歌詞

「蝶の羽飾り」の歌詞 aiko

2005/11/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
むねいたいうちはあなたのことおもかえさないよういつもいつも
ちがことかんがえてる 平凡へいぼん日々ひびはそんなあたしに沢山たくさんわな仕掛しかける

まだそら綺麗過きれいすぎて なみだくらい
あたしはまだあなたのこときで きで きで

うみかぶちょうはね 両目りょうめじゃまぶしい太陽たいようかなしいせつない
気付きづかずごした毎日まいにちかさなったおおきな存在そんざい
まった時間じかんにいつもってた電話でんわいまはもうらない
あなたがいたむねいとぎゃくくるしいよ

可哀想かわいそうをさしのべられたり ひとり迷子まいごだとおもわれないよう
あしこころうごかして平凡へいぼん日々ひびなかでもとびきりでありたいとねがうの

そむけてはいけないとわかってるけど
あたしはあたしにうそきらきらきら

ぐるぐるにいたマフラーの隙間すきまにまとわりついてくるうみかぜ
気付きづかずごした毎日まいにちを「今更いまさらだ」とあざわら
めきれないいま自由じゆう んでしまったあたしのはね
あなたがいたむねいとなみがさらってく

こまかくきざまれたあいかたわたせずホコリをかぶった手紙てがみ
あたしがつくったカケラ全部大切ぜんぶたいせつにすればいい
つぎにあなたをおもすのは あたしのこの羽飾はねかざりが
もう一度自いちどみずからちゃんとわったとき