1. 赤い靴歌詞

「赤い靴」の歌詞 aiko

1999/4/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ほしくてほしくてれた そこたかあかくつ
あなたのかたにこのあごがとどくように
まわりの空気くうき そと空気くうき どこかで区切くぎりをつけたのは
あなたの散歩さんぽがひどくこわいから

わるまわきずつくこころ
におえないほどごまかせないね
あなたがあたしについたうそ
かなしくけだるい魔法まほうをかける

あかるいそらとおあめ すこしずつならべたさよならの理由りゆう
あたしをんだ無防備むぼうび突然とつぜんやってくるかみなりのよう

ゆっくりゆっくりしこめた 物欲ぶつよくにからまった気持きも
すべてあなたのためだったことって
やっぱりっすぐあるけない はきこなせないあかくつ
たまらなくきだったこと

きみきじゃなくなったって
息巻いきまくぐらいにえばいいじゃない
上手じょうずわかかただなんて
そんな言葉ことばあたしにはいらない

あかるいそらとおあめ まばたきさえ出来できないあなたの笑顔えがおには
あたしをんだ無防備むぼうび最期さいごちて太陽たいようのよう

ころんだってすりむいたって
傷口きずぐちなめてまたあるけばすぐ
ただいたいだけの後悔こうかい
情愛じょうあいもってをふってみせる

あかるいそらとおあめ すこしずつならべたさよならの理由りゆう
あたしをんだ無防備むぼうび突然とつぜんやってくるかみなりのよう

あかるいそらとおあめ まばたききさえ出来できないあなたの笑顔えがおには
あたしをんだ無防備むぼうび最期さいごちて太陽たいようのよう