「悲しき体温」の歌詞 aluto

2008/7/30 リリース
作詞
藤出大吾
作曲
藤出大吾
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしき体温たいおん あせばむはだらぬうちきずひろげた

無邪気むじゃき ほほをなぞり きもせずはだれる
あなたのらない電話鳴でんわなひびくと 誤魔化ごまかすよう胸合むねあわせた

かなしき体温たいおん あせばむはだらぬうちきずひろげた
よるざるふたつの鼓動こどう せつなさがすこ窓曇まどくもらせた
そしてふかふかねむ

はがしたいそのこころひとみんなかげひそめる
あなたのこうにだれるかなんて 興味無きょうみないふりしているんだ

かなしき太陽たいよう そのぬくもりは まぶたさり目覚めざいざな
夢虚ゆめうつろな横顔見よこがおみたら さびしさがすこあさはやめた
むねかおる それをしんじて

こたえをさがすよ つかれてしまわぬよう

かさねる日々ひび 言葉ことば何時いつ先尖さきとがらせ あらたなきず
かなしき体温たいおん あせばむはだらぬうちきずひろげた
よるざるふたつの鼓動こどう せつなさがすこ窓曇まどくもらせた
そしてふかふかねむ