1. さくら歌詞

「さくら」の歌詞 amazarashi

2011/3/16 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
そのときぼくらはといえば ビルの屋上おくじょうそらながめているばかり
バイトをあせほこりにまみれた めのない夢物語ゆめものがたり
たがいにかかえてるはずの ちゃちな不安ふあんけっしてくちにはさない約束やくそく
中央線ちゅうおうせん高架橋こうかきょううえで おもちゃみたいに カタカタ なった

なぁ 結局けっきょくぼくらはただしかったのかな? あんなに意地いじになって
間違まちがってなんかいないって やれば出来できるって
くちびるめてよるいつくばって
そのやみなか言葉ことばにならない嗚咽おえつのようなさけびは
千川せんかわどおりでかれていた カラスの遺体いたいみたい いたいた

ふざけんな ここでわりになんかすんな 僕等ぼくらたびを「青春せいしゅん」なんて づけて過去かこにすんな
とおざかる足音あしおとのこされた くやなみだ絶対ぜったいわすれないよ
みつけられたフライヤーひろあつめる 代々木公園よよぎこうえん気付きづけばはるだった
苦笑にがわらいの僕等ぼくら ちる

さくら

日当ひあたりがわるくなるから まどそとにあるおおきなきらいだった
はるになって はなをつけるまで ぼくはそのきらいだったんだ
いまになってはどうでもいいはなしだけれど なんかちょっとだけ後悔こうかいしてるんだ
ほんとにどうでもいいはなしだったかな ごめんな

駅前えきまえのロータリー 夕焼ゆうやけがかなしいわけを ずっと かんがえていたんだ
わるのがかなしいか それともはじまるのがかなしいか 街灯がいとうがそろそろとともりだした
つまりは わりもはじまりもおなじなんだ だったらこのなみだようはない さっさと せろ
むねがいてーよ いてーよ

一人ひとり部屋へや春一番はるいちばん迷子まいご 二人ふたりえらんだカーテンがれてます
どうせなら 荷物にもつ一緒いっしょに このむなしさもはこしてくれりゃかったのに
なにもなかったようにぼくつとめる 最後さいごきみしてった洗濯物せんたくもの
なんでもなく いた

さくら

ったひとあたらしく出会であひと わりとはじまりで物語ものがたりはすす
だとしたら それにともなったかなしみさえ きていくうえでのルールだから
ててきたなみだひろあつめて 今年ことし気付きづけばはるだった
ぼくうたうたうた

さくら さくら いまでも さくら さく えない
さくら さくら 僕等ぼくらの さくら さく 物語ものがたり