「もう一度」の歌詞 amazarashi

2014/10/29 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
バイトの面接めんせつばっくれて 雨雲あまぐもながめて不貞寝ふてね
ビールのかんふくれた ゴミぶくろゆめつぶれた
どっかであきらめていて 無表情むひょうじょうきている
あまりにからっぽすぎて 途方とほうれちまうな
彼女かのじょかえってるまでに
わけいそいで思案しあんする なにやってんだってしらけて
どうでもいいやって居直いなお
そうだこのかんいままで何度なんどもあった
大事だいじなところでぼく何度なんどしたんだ

昨日きのうからあめまない このままではわらない
敗北はいぼく 挫折ざせつ 絶望ぜつぼうがラスボスじゃねえ
自分自身じぶんじしんにずっとけてきた てないわけないよ自分じぶんなら
ぼく一番いちばんかってる ぼくよわさなら

もう一度いちど もう一度いちど 駄目だめぼく駄目だめたましい
駄目だめなりにやしてえが未来みらい本当ほんとう駄目だめわけないよ
もう一度いちど もう一度いちど 僕等ぼくらおどかした昨日きのう
ふざけんなって文句もんくためぼくがるんだ もう一度いちど

ここには希望きぼうすくいもない かってんならどっかけよ
むかしかったな」なんて そりゃ白旗しらはたるってこと
どっかでかげちれば どっかにひかりすもの
どこにっているかくらい不幸ふしあわせとはまらねえ

昨日きのうからあめまない でもかさなんてってない
悲痛ひつう 現実げんじつ ぼくらいつも雨曝あまざらしで
ってあきらめのてで 「それでも」って僕等ぼくらわなくちゃ
とおくでたたかっている ともくじけるな

もう一度いちど もう一度いちど 馬鹿ばかぼくらが 馬鹿ばか希望きぼう
馬鹿ばかにされてこぼしたあのなみだ無駄むだだったわけではないよ
もう一度いちど もう一度いちど 僕等ぼくらわらったこの世界せかい
ふざけんなってりをかえためぼくがるんだ もう一度いちど

しずかな部屋へやなか 雨音あまおとだけがひびいている
どこにもけないのか どこにもかないのか
ゆめ 希望きぼう きずだらけでわらいあう友達ともだち
あの笑顔えがお 全部ぜんぶないよ
はじまりはいつもからっぽ

もう一度いちど もう一度いちど しつぶされるたびつぶやいて
ようやくたどりいたこの場所ばしょ正解せいかい 不正解ふせいかいもないよ
もう一度いちど もう一度いちど あのはなれていった希望きぼう
ざまぁみろってってやるため何度なんどがるんだ もう一度いちど