「カルマ」の歌詞 amazarashi

2010/6/9 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
どうかあのすくって

地球ちきゅうとした暗幕あんまく星座せいざ落書らくがきをする子供達こどもたちは コンクリートのベッドでアフリカゾウのゆめ
輸送ゆうそうトラックの荷台にだい悪路あくろらしながら 廃墟はいきょしず夕日ゆうひながめる兵士へいし
てた世界せかいける なまぬるいなつかぜにさえ 故郷ふるさとおもうのだろう
朝市あさいち喧騒けんそうなか 健気けなげわらうあのを どうかすくってください

あいかね宗教しゅうきょういをつけられなかった僕達ぼくたち理想郷りそうきょうさがすのをめた
あいえて かねえて 神様かみさまえて ぬすみをはたらくのはあくだとだれえるのだろう
ましてやそれが果物くだものひとつやふたつ だとて
ましてやそれがひといのちひとつやふたつ だとて

まどけて なつかぜ

ほし綺麗きれいよるつきながめては物思ものおもうけれど あれにも値札ねふだがついてるってはなしだぜ
ながぼしにだって うかうかねがいをかけていられやしない そんな時代じだいになりました
このまち上空じょうくうをミサイルがんでったって ラジオのパーソナリティーが
やさしいラブソングをBGMに ラジオのパーソナリティーが

どうかあのすくって

うかわれるかで世界せかいまわるのだと 無粋ぶすいなトカゲはインタビュアーにかたるのだが
巧言こうげんいさつその尻尾しっぽいままさに かじりつかれていること気付きづいていない
それを滑稽こっけいだとわら僕等ぼくらも つまり むなしい競争きょうそう延長線上えんちょうせんじょう
不意ふい手渡てわたされるバトンを ってしまったのだ
フラッシュにらされたインタビュアーのかおわらっているようにさええたのです

まどけて なつかぜ

うばったやつから うばれというのなら きっと最後さいごにはだれもいなくなる
うばったやつゆるせとうのなら きっと盗人ぬすっとばかりの世界せかいになる
いや そもそもぼくらはみんな 盗人ぬすっと
この世界せかいきるってことは すでに ばつなのかもしれない

夜道よみちらすのは 大気圏たいきけんきた宇宙船うちゅうせん最後さいごはなったひかり
あのはふとそら見上みあげて 今日きょうなにかをいのるのです
ボタンのかけちがいで てき見方みかたころがわころされるがわ
野山のやまはなもあれば アスファルトにはなもある

ぼくらがねがうのは 唯一ただひとしあわせになりたいってこと
それがほしくて もがいて もがいて もがいて うばって うばって うばって うばって
それでもわらってきていたいと健気けなげうみかぜ微笑ほほえむあの
あいするひとじゅうたれたことを まだらない

どうかあのすくって