「ジュブナイル」の歌詞 amazarashi

2013/4/10 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
自分じぶんきらいな少年しょうねん少女しょうじょ ありがとうじゃたされぬ今日きょう
理解りかいしがたい異質いしつなイデオ はみもの孤独こどく闘争とうそう
しいたげられた少年しょうねん少女しょうじょ でる青痣あおあざ、ミミズれのほお
それよりも悲鳴ひめいげるこころ 自分じぶん対世界たいせかい様相ようそう

人間嫌にんげんぎらい」っていうより 「人間嫌にんげんぎらいわれ」なのかもね
侮辱ぶじょくされてくちびるんで いつかてろってなみだぐんで
えてしまいたいのだ えてしまいたいのだ

きみきみきらいな理由りゆう背負せおったきみのまま げなくちゃ駄目だめ
ぼくたたえる君等きみらのジュブナイル こうずだっていい 物語ものがたりはじまったばかりだ

自信じしん過剰かじょう少年しょうねん少女しょうじょ みとめられない不遇ふぐう才能さいのう
何者なにものにもなれないいかりと それとは裏腹うらはら自己嫌悪じこけんお
ほこたか少年しょうねん少女しょうじょ それでもげぬ自分じぶん意志いし
いまれない表現ひょうげんよく無謀むぼうさを武器ぶきける浮世うきよ

ぼくらにへん名前なまえけたがるのはいつも部外者ぶがいしゃ
綺麗事きれいごと理想論りそうろんだ」 って理想りそうかたれなきゃわりだ
ぼくらここにるのだ ぼくらここにるのだ

きみきみしんじる根拠こんきょ誇示こじするきみのまま やりげなくちゃ駄目だめ
ぼくたたえる君等きみらのジュブナイル 世間知せけんしらずだっていい 物語ものがたりはじまったばかりだ

そこから一歩いっぽうごかないのなら きみは「侮辱ぶじょくされた人間にんげん」だ
そこから一歩いっぽあるせたら きみは「けなかった人間にんげん」だ
こわいとはうべきじゃないな つらいとはうべきじゃないな
どうせだれたすけてくれない それをかってはじめたんだろう

ほこたか少年しょうねん少女しょうじょ それでもげぬ自分じぶん意志いし
いまれない表現ひょうげんよく無謀むぼうさを武器ぶきける浮世うきよ

きみきみられる理由りゆうくしちゃいけない 唯一ゆいいつ存在そんざい意義いぎなんだ
ここにたたえよおろかなジュブナイル 最後さいご最後さいごわらえたらそれでいいんだよ
物語ものがたりはじまったばかりだ