「ナモナキヒト」の歌詞 amazarashi

2012/6/13 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
一人ひとりよるさびしさを わけにしてみても きずつけるため言葉ことばむなしくなるだけ それでも
こころあないて そこにながんだ泥水どろみず全部ぜんぶさなきゃ くるしくてもさなきゃ

上手うまくいかないときは なにをやっても駄目だめ
駄目だめ駄目だめだっておもってりゃ 上手うまくいくもんもいかないよな
カーテンの隙間すきまから 朝日あさひかしやがるんだ
もう出掛でかける時間じかんだよ しょうがない出掛でかけるか

ぼく きみ 何者なにものにもなれない僕達ぼくたち
ぼろぼろにつかながいたまちで たったいますれちがったのだ
それを 出会であいとぶには つかのぎたのだが
名前なまえけてくれないか こんなきずだらけのかた

だれかがきみことわるっていたとしても 大丈夫だいじょうぶ ひとかたわるいではないのだ
まえかれみち選択せんたくなやみこそすれど それを不正解ふせいかいってしまう選択せんたくこそ もっと不正解ふせいかいなのだ

上手うまかないときひとのせいにしそうなもんで
それを自分じぶんのせいにしてる きみやさしすぎるから
えきのホームでも ためいきさえんで
いきまらせているのは まったきみらしいよ

ぼく きみ 何者なにものにもなれない僕達ぼくたち
ぼろぼろにつかながいたまちで たったいますれちがったのだ
それを 運命うんめいぶには ありふれていたのだが
名前なまえけてあげるのだ そのきずだらけのかた

人知ひとしれずながしたなみだ かくしていたくやしさ 名付なづけられること人知びとしらずのかなしみ
ビルのかぜがり 路地ろじすみまる はじめからかったみたいにわすれるか
僕達ぼくたちかなしみは いまこそたたえてしかるべきだ
僕達ぼくたちかなしみは きみつけられるのをっている

ぼく きみ 何者なにものにもなれない僕達ぼくたち
ぼろぼろにつかながいたまちで たったいますれちがったのだ
それを 必然ひつぜんぶには 瑣末さまつぎたのだが
いまこそ 名前なまえうのだ このきずだらけのかた
ひと