「ピアノ泥棒」の歌詞 amazarashi

2011/3/16 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼく泥棒どろぼう むかしはなし 話半分はなしはんぶんさけせきのご愛嬌あいきょう
けるなよ ほんにするなよ いまとなってはわらばなしるい
ぼく泥棒どろぼう 中野なかののアーケード 雨宿あまやどりのりして品定しなさだめの日曜にちよう
いろとりどりのかさひらいてじて こころおど休日きゅうじつのパレード

二丁目にちょうめかどあたらしい楽器店がっきてん でかいトラックがまってなにやら搬入中はんにゅうちゅう
もっとむかしには ピアノきでもあった いや 本当ほんとうさライブだってよくやったもんさ
だからピンとた スタインウェイのヴィンテージ ピアノはじきならだれもがあこがれる名品めいひん
正直しょうじきがくらんだ あいつがあれば ぼくだれよりも上手うまけるのに

あのピアノぬすんで きたいなってきの 自慢じまんのクラシックバラード
それをいたら ったあのちぶれちまったぼくをきっと見直みなおすはずさ
ピアノぬすんで やりなおしたいなぼくの くそったれの人生じんせい
丁度ちょうど 人目ひとめけてコソコソきるのに 嫌気いやけしてきたところなんだ

とはうものの あんな大物おおもの無理むり所詮しょせんぼくはケチな巾着切きんちゃくき専門せんもん
ぬすむのが無理むりなら ちょっとくだけでもいいんだ いや ちかくでながめるだけでも満足まんぞく
そうとまれば 早速さっそくしのんだ 午前ごぜん三時さんじ静寂せいじゃくぼく相棒あいぼう
ピアノをまえにして じっとしてられなかった おもむろにらす午前ごぜん三時さんじのニ長調ちょうちょう

このピアノをいて どうだぼくってきの 自慢じまんのクラシックバラード
ながすのは うつくしい日々ひび調しらべ そのうれいはまるでかえらぬ日々ひび後悔こうかい
ピアノをいて どうせ野垂のたねだけの くそったれの人生じんせい
きるためにぬすんで ぬすむためにきてきた 拍手はくしゅひとつだってもらえないステージで

全部ぜんぶうそだぜ なんだそのかお こんな馬鹿ばかはなしがあるわけないだろ
いまからステージ そうぼく出番でばんさ こうえてもピアノは得意とくいなんだ

このピアノをいて どうだぼくってきの 自慢じまんのクラシックバラード
ながすのは 馬鹿ばかおとこのメロディー 執行猶予しっこうゆうよきの ろくでなし賛歌さんか
ピアノをいて どうせ野垂のたぬだけの くそったれの人生じんせい
それならば ステージのうえ拍手喝采はくしゅかっさい こいつもそんなにわるいもんじゃないぜ