「ワンルーム叙事詩」の歌詞 amazarashi

2010/11/24 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
家賃6万やちんろくまんのアパートでぼくらは世界せかいたびする える都市とし 干上ひあがった運河うんが 呆然ぼうぜんくす老人ろうじん
ぼくらのワンルーム叙事詩じょじし無線むせんLANで 半永久的はんえいきゅうてき加速かそくする その遠心力えんしんりょく横転おうてんした 原型げんけいをとどめてない幸福こうふく
そいつをぼくってくれよ わらえるこころってくれよ 本日天気ほんじつてんき終末型しゅうまつがた たのみの理想りそうもしなびたか
世界せかいわる もうすぐわる むなしい さびしい があたらしい流行はやり もう全部嫌ぜんぶいやになったから この部屋へやをつけた

えろ えろ 全部燃ぜんぶもえろ
このまちうつくしい朝日あさひも そいつに不似合ふにあいなおも再戦さいせん明日あすいさゆめ
あめにもけて かぜにもけて ゆきにもなつあつさにもけて
それでも 人生じんせいってやつには けるわけにはいかない
一人立ひとりたくす そこはまるで野原のはら

だまってほのおながめていた 次第しだいさわがしくなる路上ろじょう世界せかい無声映画むせいえいがの スローモーションみたいに滑稽こっけいえた
サイレンでふとわれかえった かえるべきわれがあることおどろいた あぁ ぼくはまだ ぼくであることゆるされるみたいだ
あかいランプで途切とぎ途切とぎれに らされる隣人りんじん狼狽ろうばい 膜一枚隔まくいちまいへだてたそとで このまち夏祭なつまつりの様相ようそう
薄笑うすわらいをこらえきれなくなったところで 羽交はがめにされた ぼくぼく必死ひっしさけんだ すなそいつはぼくたましい

えろ えろ 全部燃ぜんぶもえろ
これまでげたガラクタも そいつを大事だいじにしてたぼく奇跡きせきにすがるあさましさも
あめにもけて かぜにもけて ゆきにもなつあつさにもけて
それでも 人生じんせいってやつには けるわけにはいかない
一人立ひとりたくす そこはまるで野原のはら

どうせ未来みらい終点しゅうてん袋小路ふくろこうじ あたらしい自分じぶんつけたいとねがうなら
過去かこことやしてしまおうぜ はいになるまで

えろ えろ 全部燃ぜんぶもえろ
ふるいものは全部投ぜんぶなれろ たかくそびえつこのほのお この先照さきてらすかがりとしよう
あめにもけて かぜにもけて ゆきにもなつあつさにもけて
それでも 人生じんせいってやつには けるわけにはいかない

えろ えろ 全部燃ぜんぶもえろ
あたらしい自分じぶん出会であうため 溜息ためいきすなほのお なみだうしなわせるなほのお
あめにもけて かぜにもけて ゆきにもなつあつさにもけて
それでも この自分じぶんってやつには けるわけにはいかない
一人ひとり くす そこはまるで 野原のはら