「光、再考」の歌詞 amazarashi

2009/12/9 リリース
作詞
秋田弘
作曲
秋田弘
文字サイズ
よみがな
hidden
もしまれわったらなんていたくない どうしようもない
ぼく人生じんせいながいのうち いとしくなってくるもんで
ぶつかって ころがって 汗握あせにぎって 必死ひっしこいて
にしたものは この愛着あいちゃくだけかもな まぁいいか
そんなひかり

時々虚ときどきむなしくなって全部消ぜんぶきえてしまえばいいとおもうんだ
神様かみさまなんてとうのむかし阿佐ヶ谷あさがやのボロアパートで首吊くびつった
綺麗きれい星座せいざした彼女かのじょとキスをして
えたのは おも自殺願望じさつがんぼう
そんなひかり

あさるたび陰鬱いんうつとした気持きもちでそれでもあおそらきなんだ
公園こうえんではしゃぐ子供達こどもたち新聞紙被しんぶんしかぶっててるいえひと
未来みらいあかるいよ あかるいよ
くしゃみをひとつしたら 大勢おおぜいはと大空おおぞらった

どこへけばいいんですか きたいとこへ勝手かってけよ
なにをすればいいんですか ぼくだれたずねてるんだろう
なにはじめようとふるえてる ジャングルジムのかげながくなって
ぼくいまからかけるよ ここじゃないどこか
そんなひかり

彼女かのじょ歓楽街かんらくがいでバイトをはじめてよる一人ひとりになった
とくさびしくはいけどきゅうにテレビ番組ばんぐみきになった
朝彼女あさかのじょもどって ぼく部屋へや
無垢むくわら彼女かのじょ本当ほんとう綺麗きれいだとおもった
そんなひかり

子供こどもころ影踏かげふあそびをおもしてる いかけても
してつかめないもの まるで蜃気楼しんきろう だけどぼく気付きづいてる
本当ほんとうにしたくなんかいんだよ ずっといかけていたいんだよ
もっとむねがしてよ ぬまではしつづけたいんだよ

ながながれて明日あすひがし出会であいとわかれをかえして
ひかりかげまたにかけて わらいをったりきたり
そうだよ 大丈夫だいじょうぶ 大丈夫だいじょうぶ 皆同みんなおなじだよ
上手うまくいかないときだれにでもあるよ
そんなひかり

しずみまたのぼるように はなりまたくみたいに
すべてはめぐりめぐって すべてがほら元通もとどお
もしまれわったらなんて 二度にどわないで
今君いまきみ日陰ひかげなかにいるだけ ただそれだけ