1. 夏を待っていました歌詞

「夏を待っていました」の歌詞 amazarashi

2010/6/9 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
きみはまだおぼえてるかな おさなころあつ六月ろくがつ 廃線はいせんになった線路せんろ僕等ぼくらはどこまでもあるいた
水筒すいとうなんかを ぶらげてきた雅敏まさとしは おじちゃんにってもらったマウンテンバイクを自慢じまんした

「けどな おれはおじちゃんがきらいなんだ かあちゃんをいつもかせてばかりいるから」
ぼくなんだかまずくなって をそらしたんだ 雅敏まさとしかおおおきな青痣あおあざがあったから

りだした夕立ゆうだちはしりだす つぶれた無人駅むじんえき雨宿あまやど明日あしたなにして明後日あさってなにして
くだらないはなしわらころげる あらし予感よかんむね高鳴たかなる あの時僕ときぼくみんなたしかに なつっていました

ここにたくないってのと どこかにきたいってのは おんな意味いみなのかな なんにしろあるこうか
体育たいく部活ぶかつなにより苦手にがて靖人やすひとは とうとうひざかかえてこうつぶやいた
ぼくはいつもみんないてきぼりで 本当ほんとうにダメなやつでごめんな」
ぼくらはなんだかわらってしまった つられて靖人やつひと涙目なみだめわらった

たか夏草なつくさでかくれんぼ おにせま時間じかんながれ もういいかいまだだよってさけんだよ
ぼくいまつからないままで あのときおなひざをかかえて 部屋へやからあおそら見上みあげて
なつっていました

身長しんちょうたかくて喧嘩けんかつよ太平たいへいはいつも無茶むちゃあそびをおもいつく
「この鉄橋てっきょう一番いちばん ながくぶらがったやつの うことはなんでもかなきゃダメだぜ」
ぼくらはびびって出来できなかったけど 太平たいへい平気へいきかおでぶらがる
7年後しちねんご太平たいへいはビルからりた そんな勇気ゆうきならいほうがかった

高層こうそうビルのしたでかくれんぼ あれから何年なんねんがたっただろう もういいかいまだだよってこえもない
もしも今日きょうがあのつづきなら ぼくらの冒険ぼうけんつづけなくちゃ 六月ろくがつそらぼく見上みあげて
なつっていました