「性善説」の歌詞 amazarashi

2013/4/10 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
ねえママ あなたのとおかれらはさばかれてしかるべきだ
うばえるものは全部ぜんぶうばっていった くずれたビルに 戦車せんしゃ夕日ゆうひ

ねえママ あなたのとお隣人りんじんあいしてしかるべきだ
陰口かげぐちほどみにくいものはないわ って 微笑ほほえって

こんな時代じだいびるだけでも 容易たやすくはないわ どうかしあわせに

ぼけまなこでテレビをつけて ぼやけたあたま無理矢理むりやりながんだ
殺人さつじん強盗ごうとう人身じんしん事故じこ流行りゅうこうだアイドルだ もう うるせえよ
人心地ひとごこちつける余裕よゆうもなく ぼくらの日々ひびながれに摩耗まもうして
あかるいニュースをさがしている あかるいニュースをさがしている

ねえママ あなたのとお他人たにん蹴落けおとしてしかるべきだ
幸福こうふくとは上位じょうい入賞にゅうしょう勲章くんしょう けないように げないように

おおかくしても 悲鳴ひめいかされて みみふさいでも をこじけられて

しろ朝日あさひかされて あのいえかう電車でんしゃなか
馬鹿ばかおとこ下世話げせわ自慢話じまんばなし子供こども車両しゃりょうえる母親ははおやたよ
各々それぞれ思想しそうがぶつかりって 満員電車まんいんでんしゃ個人的こじんてき紛争地ふんそうちおび
ぼくぼくたもつので精一杯せいいっぱいで そのだれかのかたにもたれていたよ

ねえママ あなたはったじゃないか うそをつけばバチがあたると
かみいのればすくわれると 苦労くろうはいつかむくわれると
ねえママ ぼくってしまったよ 人間にんげんみんな平等びょうどうだと
世界せかいはあるがままうつくしいと それまったくの詭弁きべんであると

否定ひていされてしまった性善説せいぜんせつ後始末あとしまつけられたぼくらは
もなく小箱こばこめられて 現実げんじつ逃避とうひじゃなきゃ もうわらえねえよ
ひと本来ほんらいやさしいものですよ」 それがうそだとあばいたのはあんただろ
教育きょういく宗教しゅうきょう道徳どうとくなんでもいいからはやつぎのをくれよ

ねえママ あなたのとお自分じぶんぜんだとしんじてうたがわないときは
他方たほうからはあくだとおもわれてるものよ あなただけがわたしぜんなのよ