「穴を掘っている」の歌詞 amazarashi

2014/10/29 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
あなっている 人生じんせいどこで間違まちがえた
あなっている 自暴自棄じぼうじきにスコップをてる
かぜうなもり 夜鷹よたかなんかがいちゃってさ
まんまるな満月みづき見張みはられてる25

あなっている あいつがとうとうしくじった
あなっている これが はみものとしあな
あせぬぐっても 後悔こうかいまではぬぐえない
うんわるさだけは 勲章くんしょうみたいにむねいてる

ぽかんとくちけたやみおさなころ幻想げんそうがちらつく
親父おやじがよくっていた 「悪人あくにん天国てんごくけるぜ」

だって神様かみさま悪人あくにん だってことはガキだってってるぜ
いてもわめいてもいのっても こんな世界せかいうまちたのが証拠しょうこ
人生じんせいそんなもんなのかもね あきらめははやけりゃはやほうがいい
ぼくぼくあきらめたぜ まれてすぐさまあきらめたぜ

あなっている 友達ともだちだったあいつのため
あなっている もううごかない友達ともだちため
ランタンのあかりで ぼくかげ悪魔あくまみたい
このまち路上ろじょう最期さいごとしてはよくあるはなし

なんとかけられたら すべ上手うまくいくはずだった
親父おやじがよくっていた 「絶望ぜつぼうれてくるのは希望きぼう

だって神様かみさま悪人あくにん 希望きぼうたせるだけたせて
いてもわめいてもいのっても 最後さいごとすのがその手口てぐち
人生じんせいそんなもんなのかもね あきらめははやけりゃはやほうがいい
ぼくぼくあきらめたぜ まれてすぐさまあきらめたぜ

あなっている 背中せなかじゅうきつけられて
あなっている 自分じぶんはいあなっている
まったくくだらない 一生いっしょうだったなわらえるぜ
あたまにくるぜ なんでぼくばっかり この人生じんせいをバラバラにしちまういきおいで
あなっている あなっている
あなっている あなっている

どうせぼくだって悪人あくにん だってことはガキのころからまってた
いてもわめいてもいのっても まれる場所ばしょまではえらべないぜ
人生じんせいそんなもんなのかもね あきらめははやけりゃはやほうがいい
さもなきゃ 馬鹿ばか人間にんげんになってしまうぜ
そのおよんであきらめのわる人間にんげん

あきらめのわる人間にんげんになってしまうぜ