「終わりで始まり」の歌詞 amazarashi

2013/11/20 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
いつものかえみちふと 見上みあげたいつもの夜空よぞら なぜだか あのころとはちがってえたんだ そうだな
ぼくも すこしはまともになれたかな いや そうでもないか いまわらず 上手うまわらえない毎日まいにちです
あのころ仲間なかま無茶むちゃはしなくなった そりゃそうだ あいつも 立派りっぱ父親ちちおやだもんな
部屋へやなかにそうな かおをしていたぼくいまじゃこんなうたうたえるようになった

友達ともだちのおかげでってるんだ 家族かぞくのおかげであるけるんだ あなたのおかげできてるんだ
「ありがとう」なんていたかねぇや でもさ

いつかぼくらがはなばなれになる そのときだってわらっていたい
ふさんだ過去かこただしかったと るためにわらっていたい
それだけでいつかの かなわなかったゆめも ただのぎた景色けしきになるんだ
結局けっきょくからっぽのままのこのぼくらはおおきくりあって
こたえさえつけられなかったなみだめてさよならして
かなしむな これがスタートラインだよ ぼくらのわりではじまり

この世界せかいはそれほど 綺麗きれいなもんじゃないけどさ そんなにいそいでこといじゃないか
僕等ぼくら期待きたい世界せかいはよく裏切うらぎるけれど 期待きたいしていなかったよろこびに 時々ときどき出会であえるんだ

裏切うらぎられたことむねをはるんだ しんじようとした証拠しょうこなんだ うたがったぶんだけそんしたんだ
きずついた」なんていたかねぇや だから

このさきなにがあったってぼくらは かずにはしってきたい
つまずいた昨日きのう助走じょそうだったと るためはしってきたい
それだけで 僕等ぼくらわらえないおもも ただのわらばなしになるんだ
あのときついにくずちたひざ暗闇くらやみなか けて
あのときすなにぎったてのひらたしかなものつかみたくて
かるだろう これがスタートラインだよ ぼくらのわりではじまり

日々ひびぎて としぎて 大切たいせつ人達ひとたちぎて いそがなくちゃ いそがなくちゃ なんだかあせって つまずいて
もう駄目だめうごけねぇよ うずくまっててもときぎて かんがえて かんがえて やっとぼくぼく肯定こうていして
がって はしして そのとき見上みあげたいつものそら あのころとはちがってえたんだ あの未来みらいきてるんだ
すべてを無駄むだにしたくないよ 間違まちがいなんてかったよ いまぼくささえてるのは あのくじけてしまったぼく

「ありがとう」とか「あいしています」とか からないけどうたっていたい
しんじてくれたあなたはただしかったと ためうたっていたい
それだけだ ぼく背中せなかすのは あなたがよろこんでくれるかお
あのときばしつづけたこのうでおおきくギターかきらして
あのときなにえなかったくち下手へたくそなうたさけんで
いつだって ここがスタートラインだよ ぼくらのわりではじまり