1. 自虐家のアリー歌詞

「自虐家のアリー」の歌詞 amazarashi

2015/2/17 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
いずれにしてもらなければならない 彼女かのじょきずつきすぎた
ひらかないカーテン れたカップ ながだい腐乱ふらんしたキャベツ
あいべばすべてをゆるした はは仕打しうちもれたつめ
ひどせたひざいて めるのはいつも自分じぶんことばかり

まえなんかどこかえちまえと われた時初ときはじめて気付きづいた
きたい場所ばしょなんて何処どこにもない ここにさせてとわめいた
まどからちいさくうみえるから とうさんとこの部屋へやめたの」と
昔嬉むかしうれしそうにはなしていた はは今夜こんやもまだかえらない

あのうみひとつになれたらって
そうおもったあとすこわらった

自虐家じぎゃくかのアリー なみままうたって
被虐者ひぎゃくしゃあい なみままねがった
きしめられたくて うそついたあの
いまでもずっとやんでる

わたしだけがっているんだから わがままはとうのむかしめた
時々ときどきとてもやさしくわらう それがはは本当ほんとう姿すがた
物心ものごころついたときからちちない 理由りゆういまけない
今夜こんやうみながめながら 記憶きおくなかだけ裸足はだし少女しょうじょ

あのうみひとつになれたらって
そうねがったのは何故なぜだろう

自虐家じぎゃくかのアリー なみままうたって
被虐者ひぎゃくしゃあい なみままねがった
きしめられたくて うそついたあの
いまでもずっとやんでる

くるしくてしょうがなくて うみへの道駆みちかけた
砂浜すなはま月明つきあかりの裸足はだし少女しょうじょ
あいされていないって うたがったわたしゆるして
なにもいらないよ これが最後さいごのわがまま

自虐家じぎゃくかのアリー なみままにに かんで
被虐者ひぎゃくしゃあい なみまましずんだ
あのひとあいした とうさんがあいした
このうみになれたら きしめてくれるかな
いまでもずっとあいしてる