「街の灯を結ぶ」の歌詞 amazarashi

2014/10/29 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
都会とかい喧噪けんそう田舎いなか田園でんえんに でかい異物感いぶつかんに ぶれっぶれのやわな自我じが
なにさけんだところで鉛色なまりいろくもねっかえ無惨むざんちてふけ徒労感とろうかん
「やっぱりダメか」が口癖くちぐせのとんま くやしさになみだひととしてみろよ
今日きょう今日きょうとて かぜ路傍ろぼうちて ひかりすのはこうがわ のぞ埠頭ふとうから

こうかもどろうか進退しんたいきつける 現実げんじつつねにシビアでじょうもなく
生活費せいかつひ世間体せけんてい将来しょうらい安定あんてい全部ぜんぶかけたルーレットはやおらまわりだし
けじゃない」とはくるまぎれにうが たなきゃならぬ理由りゆうすくなからず背負せおった
あのひと手紙てがみ友人ゆうじんとの約束やくそく恋人こいびと過去かこ自分自身じぶんじしん

一人一人ひとりひとりえてくまち 日暮ひぐれのえきむかえはない
勇気ゆうき覇気はき野心やしんもない それでもきるぼくなに?
街灯がいとうから街灯がいとうあしきずって 星座せいざせんみたいに まちあかりむす
まるでももどるでもなくひたすらに 星座せいざせんみたいに まちあかりむす

はじめはあおまぶしい夢物語ゆめものがたり おおくの少年しょうねん未来みらいへといさ
へましたってころんだっていたりわらったり それを青春せいしゅんんで社会しゃかい旅立たびだったり
次第しだい脱落者だつらくしゃえる一人ひとりまた一人ひとり のがれられぬ幼児性ようじせい モラトリアムのやみ
のこりわずか数人すうにん馬鹿ばかきず気付きづけば一番いちばん馬鹿ばかぼく一人ひとり

一人一人ひとりひとりえてくまち 日暮ひぐれのえきむかえはない
勇気ゆうき覇気はき野心やしんもない それでもきるぼくなに?
街灯がいとうから街灯がいとうあしきずって 星座せいざせんみたいに まちあかりむす
まるでももどるでもなくひたすらに 星座せいざせんみたいに まちあかりむす

かえってもなんもねえ 綺麗きれいなだけのおも このまわみちがいつかぼくすくってくれるまで
過去かこためいまぼくになるためいまため明日あしたぼくになるため
のこったのか のこされたのか なんにしてもぎたひとかおわすれない
ありがとう さよなら 昨日きのうてたぼくさくらったよる五反田ごたんだあるいてる

一人一人ひとりひとりえてくまち 日暮ひぐれのえきむかえはない
勇気ゆうき覇気はき野心やしんもない それでもきるぼくなに?
街灯がいとうから街灯がいとうあしきずって 星座せいざせんみたいに まちあかりむす
まるでももどるでもなくひたすらに 星座せいざせんみたいに まちあかりむす