「風に流離い」の歌詞 amazarashi

2013/4/10 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
彼女かのじょられたんですよ」 と心療内科しんりょうないか先生せんせい
相談そうだんしたら 自業自得じごうじとくだと説教せっきょうされてかえされた
二度にどるかこのヤブ医者いしゃ わるいのはひゃく承知しょうち
ってひらなおれるほどつよくない さながら自己嫌悪じこけんおきだまり

ゆめとか希望きぼうとか未来みらいいまぼくにとってはおどしだ
そのたぐいの漫画まんが 小説しょうせつ 映画えいが 音楽おんがく資源しげんゴミ
むかしゆめもあるにはあった そのゆめ枕元まくらもとでほざく
「おまえじゃ駄目だめだこの役立やくたたず 特別とくべつおもうなゴミくず

ゆめなんて期待きたいしてない 無気力むきりょくのまるできてる死体したい
だけどわずかに 忸怩じくじたるおもきてるプライドはてきれない
おそ夜中よなか不意ふいいたり ったりたりのギリギリのサイン
つき夜空よぞら余裕よゆうかび はやあさいとねがうばかり

やるしかないところにまで 気付きづけばいつめられてたんだ
方法ほうほう手段しゅだんえらべない 凡庸ぼんようぼく 才能さいのう不在ふざい
いどんではヘマしてなやんで いつからかそれがたのしくて
わらわれたのは数限かずかぎりなく そのたびムキになるあま邪鬼じゃく

時給じきゅういく余命よめいのこされた時間じかん苛立いらだ
とき裏切うらぎられたりしたよ でもそれがかてになりゃもうもの
うしなうものなんてなににするほうおおいくらい
んださかな少年しょうねん ぼくはおまえ感謝かんしゃするぜ

ゆめなんて期待きたいしてない 無気力むきりょくのまるできてる死体したい
必死ひっしやつうしゆび嘲笑あざわらったやつ見返みかえしたい
ってのは建前たてまえ みとめられたい が目的もくてきのしがないうたうたい
ちなんてない けなんてない ぬまでつづ無様ぶざまたたか

べてくれたひとに ホントに感謝かんしゃしてるんだよ
もうすこってくべきだろう かばん一杯いっぱいのありがとう
やるべきことつたえるべきこと なまけりゃそこで途絶とだえる航路こうろ
他人たにんではなく 面目めんぼくじゃなく 自分じぶんためいまうたいたい

ゆめなんて期待きたいしてない 無気力むきりょくのまるできてる死体したい
だけどたしかに あらがうたに わずかながらすきひかり
きるちからおのずとわり れぬぼく弁明べんめい
かぜ流離さすら理解りかいがたい とわれてもほかみちなど
かぜ流離さすら理解りかいがたい とわれてもほかみちなど
かぜ流離さすら理解りかいがたい とわれてもほかみちなど