「14歳」の歌詞 amazarashi

2011/11/16 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
文字サイズ
よみがな
hidden
はいうた 才能不在さいのうふざい 哀悼弔あいとうとむら

常磐線下ときわせんくだりのホーム 電車でんしゃにとまるカラスの憂鬱ゆううつ それをている彼女かのじょかかえるわらばせない日々ひび憂鬱ゆううつ
毎日同まいにちおなかえしだけどもう子供こどもじゃないんだから ったものいかけず ぎたことはかえらず
間違まちがってるもするけど きっとしょうがないわ ゆめ上京じょうきょうした 少年しょうねんながかみ
都市としのビルかぜれている それを彼女かのじょてる てる カラスの目玉めだまてる てる

はいうた 才能不在さいのうふざい 哀悼弔あいとうとむら

ここがどこかなんてからない めた嘲笑ちょうしょうわない あれはアレイの白色矮星はくしょくわいせい それでぼくやされてしましたい
いっその事灰ことはいになって かぜかれてえてしまえ かぎをかけた部屋へやこもって きるもなにもありゃしねぇ
オレンジいろのマンションの ベランダで親子おやこわらってた きっと明日あしたもいいことが こるとしんじてうたがわない
そんなひびきのこえだから ぼくらのむねけた とおくに雨雲あまぐも 明日あしたはきっとあめだから

たのしくないけどわらってみた それでも 僕等空ぼくらからっぽだから いますぐなにかをはじめなくちゃ それならぼくうたうたうよ
きなうたうた

はいうた 才能不在さいのうふざい 哀悼弔あいとうとむら

なによりも普通ふつうのぞんでた少年期しょうねんき自意識じいしき屋根裏やねうらひときらわれたくなかった」そんな名前なまえのポスターで部屋へやくら
いったいぼくはなんになれる って結局何者けっきょくなにものでもありゃしねぇ 青春せいしゅんのこみたいな 夜露よつゆをすすって今日きょうきる
アメリカの映画えいがみたいな ハッピーエンドはなかった 結局僕けっきょくぼくぼくだから 結局今日けっきょくきょう今日きょうだった
明日あしたえられるちからぼくらにはあるはずだった テレビはいつものバラエティー すこわらえた

かなしくないけど涙落なみだおちた いつでも僕等空ぼくらからっぽだから いますぐなにかをはじめなくちゃ それならぼくうたうたうよ
きなうたうたきなうたうたきなうたうた

にたくないけど手首切てくびきった 彼女かのじょ今日きょうからっぽだから いますぐなにかをつたえなくちゃ それならぼくうたうたうよ
きたくないけどのこった 結局全部けっきょくぜんぶゴミくずだから いますぐなにかをはじめなくちゃ それならぼくうたうたうよ
きなうたうたきなうたうたきなうたうた