「MirrorDance」の歌詞 androp

2011/2/16 リリース
作詞
内澤崇仁
作曲
内澤崇仁
文字サイズ
よみがな
hidden
あい見続みつづけるためうそ
きみうたいたいおいでどうぞ
ゆめ見続みつづけるだけのうそ
きみにただいたいとねがったんです
今日きょうたのしめばときなが
きみわらいたいおいでどうぞ
むねけるだけの気持きも
人間にんげん言葉ことばかんないよ

明日あしたうたうこのこえ
いつのにかきらわれてた
ゆめなかだけが自分じぶん
ただひとまわ地球ちきゅう
明日あしたつなぐこのこえ
いつのにかきらわれてた
ゆめなかだけが自由じゆう
たったひとつのステージだった

はねるはねる
ひかりして
もっとはや
まわるまわる
つないで
おどかす夜明よあ

いつもいつもいていたうそ
ながれたなみだのその理由りゆう
やっぱりぼくひときだ
きみにただてもらいたかったんだ

あい 明日あすそう ただ勇敢ゆうかん
あい 明日あすただよかん
あい 明日あすを さすらう ただしずかに
あい 明日あすきみの ただうそ

一人ひとりうたうそのこえ
いつのにかびかけてた
ゆめなかでさえ自分じぶん
こえなかった歌声うたごえ
なみだながらうそこえ
もう一度向いちどむかうその場所ばしょ
うそつきがきしめるうそ
たったひとつのステージった

はねるはねる
ひかりして
もっとはや
まわるまわる
つないで
おどかす

はねるはねる
ひかりして
もっとはや
まわるまわる
つないで
おどかす